カテゴリ:グルメ(東京)( 3 )

懐かしの日本橋

日本橋は会社員時代約9年通った、思い出の場所。
証券会社に勤めていた父も、従姉も日本橋勤務だった。
そして何よりも、夫と初めて出会ったのも日本橋。
この場所で働いていなかったら夫と知り合うこともなく、行ったこともなかった北陸へ
嫁ぐことはなかったんだな~と考えると、不思議な縁を感じる。

東京での仕事も終わって、肩と背中がパンパンで疲労のピークに。
久々によくお世話になっていた、日本橋の鍼灸院へ向かう。
私はかなりの冷え性で肩コリ・腰痛持ちなのです。。。
ここの院長は女医さんで、とても素敵な方。先生とのお喋りも楽しみのひとつ。
治療後は身体だけではなく、心も温かくなる♪

遅いお昼は迷わず「利休庵」へ。ここは以前週2~3回通っていた蕎麦屋さん。
何を食べてもほんとに美味しい♪
お薦めは夏場はおろしそば(甘めのつゆにレモン汁が合って絶品!)、納豆そば、
とろろそば。。。冬場はかしわそば、きつねそば、カレー南蛮etc・・・
今日はかしわそばを頂いた♪ ほんのり柚子の香りが食欲をそそります。
f0075086_1243973.jpg
蕎麦を撮り忘れたので、外観をアップ。
昼時は近隣サラリーマン&OLで混み合うので、時間を外して13時半以降に行くことをお薦めします。


f0075086_141188.jpg
食後は斜め向かいの「有便堂」で買い物。ここはかの横山大観も愛用していた老舗の
画材屋。手刷りの葉書や一筆箋、ぽち袋など趣味のいい和風雑貨が見つかります。
仕事柄、良く使う一筆箋をまとめ買い。奥のお雛様のポストカードは送ることも出来ます。

2軒お隣の「ミカドコーヒー店」でモカソフト
(コーヒー味のソフトクリーム)を食べれば完璧ないつものランチコースだけど、
さすがに寒くて今回はパスしました。
とても美味しいので近くに行かれたら是非お薦めです♪
<br clear=all>
f0075086_1514539.jpg
次回はマンダリンオリエンタルでアフタヌーンティーしたいな~と眺めつつ、
三越で買い物。日本橋は古いものも、新しいものも混じった本当に魅力的な町。
懐かしい気分に浸った午後のひとときだった。
[PR]
by platinum24 | 2006-03-05 02:00 | グルメ(東京)

銀座 「過門香」

私をはじめ、友人達は皆中華好き。そこでよく利用するのが銀座の「過門香」。
ここは駅からのアクセスもいいし、席だけ予約しておけば待たずに座れるので、
待ち合わせにも最適。デザートや中国茶も豊富なので、食事と夜お茶が一緒に出来る。
なので会社員時代から、女友達との食事によく利用している。

今回は以前勤めていた会社の友人3人と食事会♪
いつも仕切りのある席(ゆっくり話せるので。。。)をリクエストするのだが、
今回は一杯とのことで、仕切りのない白いソファ席に案内される。
いつものように沢山オーダーした中のほんの一部をご紹介。。。

スープ入り焼き餃子。中に熱々のスープが入ってます。
f0075086_2344324.jpg

海鮮入りあんかけチャーハン。見た目よりさっぱり味。
f0075086_23464436.jpg

最後を締めるデザート♪杏仁は「濃厚」と「さっぱり」の2種がある。
タピオカ入りココナッツプリン(確か・・・)と最近気になる仙草ゼリーも忘れずオーダー。
f0075086_23481836.jpg

仙草ゼリーは先日食べた「糖朝」と比べるとクセがない味。苺やキゥイなどのフルーツ
が一緒に入っていて、見た目的にもキレイだった。
久々に会う友人達と、ゆっくりおしゃべりしながら中華を堪能できて楽しかった♪
しかし白いソファ席は空調が効きすぎて、首筋が寒くなり運ばれてくる料理が
どんどん冷めていくのが難点。。。
予約の際は「仕切りのある席」(これで多分通じます)がお薦めです~。
[PR]
by platinum24 | 2006-02-28 00:09 | グルメ(東京)

鰻がダメなら穴子で・・・あなご専門店・「日本橋玉ゐ」

東京出張初日の夜のこと、仕事も終わって必要な買い物も済ませて、
待ちかねた夫からの一言 「何 食べたい?」  「鰻!!」  「いいねぇ~」
というわけで鰻を食べに行くことになった♪

「美国屋」は店仕舞していたので、高島屋の特別食堂に入っている「野田岩」へ。
クロークにコートを預け、各テーブルに薔薇が活けてあるエレガントな店内へ案内される。
座り心地の良い椅子に腰掛けて、メニューを開く至福の時。。。
しかしその瞬間、店員さんがスス~と近寄ってきて、

「お客様、大変申し訳ございませんが野田岩の鰻は20時で終了いたしました・・・」

「・・・・・。」 (クロークのおばちゃん、鰻はまだ大丈夫って言っていたのに~)

結局、店員さん達に深々とお辞儀をされながら、特別食堂を後にする私たち。
「どうする?たいめいけんでも行く?」 「でもやっぱり鰻が・・・」 「そうだよな~」

一度これを食べるっ!と思うともう他のものは全く受け付けない時ってありませんか?
その時の私たちはまさにその状態。
鰻難民と化して、三越前方面へとぼとぼと歩く私たちの目に入ったものは!!
(前置きが大変長くてすみません・・・)

「江戸の味 あなご専門店」と紺地に白抜きで書かれた暖簾と、一軒の日本家屋。
古い看板には、日本橋玉ゐの文字が。
店内をのぞくと、何やら鰻重のようなものを美味しそうに食べる人々の姿が。
疲れのピークに達していた私たちは 吸い込まれるように店内へ。。。

メニューによると、天然物のあなごを使った箱めし(鰻重のあなご版のようなもの)
がメインらしい。仕上げ方法として、煮上げと焼き上げのどちらかが選べる。
中箱(香物・お椀付きで2,800円)だと、二通りの味が楽しめるという店員さんの
案内で、それに決定!
そしてついに箱めし登場!塗りのお盆にはネギ・山葵・白ゴマの薬味・擦り柚子・お茶碗も乗っている。店員さんの説明によると、お好みの薬味を乗せて食べ最後はだしでお茶漬にするのがお薦めらしい。まさに櫃まぶしのあなご版!

さてまずは煮上げから・・・ふんわりしたあなごにちょっと甘めのタレがからんで美味しい♪
あなごの柔らかさが存分に楽しめる。山葵を付けて食べても、さっぱりして良かった。
焼き上げも香ばしい香りが食欲をそそって、どんどん食べ進んでしまう。

ご飯も少なくなって、最後のお楽しみお茶漬けにする。店員さんに頼むと熱々のだしを
持ってきてくれる。薬味を乗せて、だしをかけてさらさら~と。。。
さっぱりとしていて、美味しい。大満足♪ 鰻欲?もすっかり解消された。

ここは器も素敵だった。特に木製の蓮華のようなスプーンは食べやすくて気に入った。
ちなみに可愛いお箸はお持ち帰り出来ます。

f0075086_0383668.jpg

撮影するのを
忘れたので、
頂いたお箸とお店にあったパンフを載せてみました。
あなご好きの方、おススメです。
[PR]
by platinum24 | 2006-02-22 01:07 | グルメ(東京)